田尻のキンキン

昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど看護師は人気が高いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。まず、大学はどういったところかというと、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。そして、必要とされる学費については専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、なんといってもたとえブランクがあったとしても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。理由として、看護師が専門職だからということと人が足りていないことが大きな原因といえます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えば50代だったとしても、復職が可能です。今日のところ、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人看護師候補生の受け入れを行っています。けれども、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、仮に、3年かかっても不合格だった時には、自分の国に帰らなければなりません。就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。ここのところ、看護師は不足傾向にあります。看護師の免許を持っていても、看護師の職を選択していない人も多いのです。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。大多数が女性の職場なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護師というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドがちゃんと考えてくれることが重要だということは言うまでもありません。正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですから専門学校に入学するための予備校があるほど、難関なのです。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。それぞれの会社で給料が変わるものですが、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。ですので、看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総看護師長といわれる階級です。どういう人が出世するのかというと、勤務年数を長くして、周りの人間の信頼を得るように努力することが大切なようです。階級が上がれば上がるほど、高収入になる事は間違いないでしょう。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。海外で看護師とし働くためには、意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる看護師でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、その情報を責任もって交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。それほど重要でない情報も多いとはいうものの、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。看護師の勤務先は、クリニックや病院の他にも存在します。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。こういったグループホームに入所している方は、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、特別な配慮が必要となってきます。様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師は職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。初めて看護師の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人において年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、病院側の事情で採用の年齢を決められていることも、珍しくないのです。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しいケースが多いです。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり高収入だというイメージが強いです。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均的に高水準を維持できることが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。このような高給で安定した職場という面では人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。総じて大変だと思われる看護師ですが、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。病院勤務で、二交代制だった場合、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。長時間勤務がザラだということも看護師という仕事がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。公務員看護師になるには、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。看護師は専門的な知識が求められ、長期間働ける職業として人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは何よりも魅力的だと思います。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。いわゆる課長職でも、その年収はそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。例えば、公立病院の場合、おおよそ750万円前後だと推測できます。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。ですが、近年は看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。看護師に相応しい性格や能力をみても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。本来女性が持っているような優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、看護師にとって大事なポイントになっています。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンを組むことを考えている際、往々にして、簡単に審査に通りがちです。とは言え、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと非常勤でなく、正職員として働いているような看護師の場合には当てはまることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、よく見てみると、純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですので、より高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。ちょっと前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では徐々に男性看護師も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料は女性と差はありませんが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として保育園があることを知っていますか?実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。病院の統廃合続きにより、看護師の不足が浮き彫りとなっています。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がかなりの重労働をこなしているといわれています。男性看護師の割合も増加しているのですが、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも理解できる話です。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどのくらいだと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%近くが毎年合格できているようです。内容も専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、そこまで看護師の資格取得は難しいものでもないようです。どうしても、看護師という職業においては喫煙者が少ない気がしますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病気の患者と接する職業上、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。その原因として代表的なものは、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間も長くなりますから、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に退職する人もいます。殆どの看護師に共通する悩みといえば、不規則な勤務形態ではないでしょうか。折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする辛さがあるようです。または、労働環境が過酷で休みが取れないということも珍しくありません。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。みなさんご存知のように、看護師の休日については職場によって違うのです。3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも珍しくありません。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接しなければいけないので、髪形にも配慮することをおススメします。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を第一にすることが大切です。とはいえ、職場の環境や方針次第では、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておきましょう。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。3交代勤務の夜勤は休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか調べておきましょう。