久保田洋司の森川

病院や医療施設などで看護師が就業する時、その配属先は非常に重要なポイントです。同じ病院の中で勤務する場合でも配属される診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。自分の希望する配属先で仕事をするなら問題は発生しませんが、自分が不得意と考えている配属先だと仕事をなかなか理解できない可能性も考えられます。看護師が技術力をつけようとしたり、医療経験を積み、能力の向上をするには多様なやりかたがあります。今、勤めている職場から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも選択肢の1つです。また、最新の技術や広範な知識を体得するために看護に関わる資格の勉強をするのも成長できる方法でしょう。ナースは病棟の同僚と食事会をすることがあります。病院は忙しいので、みんなが集まることはあまりありませんが、なんとか合間を縫ってどんちゃん騒ぎに参加します。こんな患者さんがいた、こんなドクターがいた、と話は尽きないので、ストレスが昇華されて宴は大盛り上がりです。一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと考えられています。現在は、どの仕事でも一対一で人とかかわることがなくなる傾向にあります。そんな中で看護師は人と深く交わることができ、支えることができるという意味においてやってやろうと思う方が少なくないのでしょう。看護師が転職しようとする理由には多様なものがあります。例えば、最先端医療や高度な医療技術のマスターと経験値を稼ぎ、レベルアップするために、より専門的な病院に転職したいなどの事例もあるでしょう。他には、結婚や出産などの生活環境の変化に合わせて転職を希望する場合もよくあります。急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が気付けなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置してくださったのは若い看護師の方でした。入院中に、知りましたが、とてもお若い人なのに看護師長だったのです。能力の評価が正当に行われた結果だと感じます。日本では、長寿化が加速し今となっては超高齢化社会と変化しました。この状況下で需要が高い職業が医師と看護師、介護士だと思います。全て専門知識とか技術が必要とし、誰でもできる仕事ではありません。これらの職業人の育成に関して政府は今よりも、真剣に考える必要性があると思います。普通、看護師に就くには、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」というような固い意志が大切だと思います。専門職ですから、通常のOLなどよりも収入はよく、働き口に困ったりもしません。ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。看護師の転職時には履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。書くときに、重要なポイントが数点あります。まず使用する写真は、過去三ヶ月以内に撮った新しいものを使います。さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確にきちんとした文字で分かりやすく丁寧に書き記すことが大切なことなのです。知人の看護師が仕事をやめようかやめないかで迷っていると話がありました。彼女はこの間、結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、時間を取りにくい生活が続いているようです。子育てもしたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと答えを出せないでいました。世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。事実、入院して一日、看護師をみていると、重い症状の患者がいなければ、決まった時間に変わりなく作業をするだけですが、それだけでもかなり大変です。重篤なクランケが入院している場合には、さらに大忙しになってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。看護師は、病院やその他いろいろな医療機関でものすごく大切な役割を担当しています。ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足となっているのが現在の状況です。医療現場では、深刻な看護師不足の問題を解決できていません。今後、たとえ少しでも早くこの問題を解決していく必要があると言えます。全国の病院や様々な医療機関では、これまでずっと看護師が不足している状況が解消されずにいます。そのため、就転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場だと説明できます。看護師資格を取得していれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を比較的容易に選ぶことができます。看護師は非正規雇用でアルバイト、パートで労働することもあります。そんな場合に、大切になってくるのが1時間あたりの給与です。正規雇用と比較すると、パート、アルバイトの看護師は待遇が良くないことが多々ありますので、やはり、時給が高くないとやりがいは減りますよね。可能なら、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。私の顔見知りの看護師が、つい先日、転職をしました。ラクそうな職場だったのに、いったいなぜ?「あまり忙しくなかった。働きたくないと思っている人が多い世の中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。現場では、看護師の業務は重要である職務だといえるのです。一年中、毎日、厳しい現場で働いていると、様々な精神的な負担に陥る場合もあるのです。いつだって看護師は、命にかかわる仕事についているわけで、非常に強い緊張感にかられることも多く、ストレスをなんとか消化させる工夫も必要でしょう。看護師目線で言うとお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは難しい課題といえます。病院で働きたいと考えていても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、様々な困難が発生してしまいます。仕事と育児の両方をこなすのは個人による問題というより医療全般の課題として取り組むことが必要でしょう。勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、一生働きやすい仕事であるとも思われています。例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、再就職しやすい職業でしょう。ハイレベルな専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると思われます。就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い職種です。これまでは男性が看護師をしている場合に限って、士という漢字を使っていました。ところが、今は男性の場合でも女性の場合でも、看護師という職業に従事しているならば、師と言う漢字を使うことになっています。看護師、看護士を同時に使用していると、紛らわしく分かりにくいので、統一されたのだと考えられます。知りあいが病院に入院していたのでおみまいに行ってみたら、看護師さんが大忙しで複数の患者さんの対応に追われている姿を見かけたのです。患者さんの中には体の自由がきかないために、ナースコールを何回もする人も多いのです。看護師さんの日々の作業は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、いつも重労働ですね。どの職場であっても残業をすれば残業代が出るというのは当たり前のことです。ただし、看護師の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。特に少し前に転職をしたばかりで転職先に不慣れな場合は、残業を申請しにくい雰囲気があるものです。看護師の労働環境を改善するためには、残業手当がちゃんともらえるようにする必要があります。看護師さんの中には、退職金が心配な方ももしかしたら、多いかもしれません。看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。小規模な病院の場合、退職慰労金も少ないです。どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、大分部の人にとっていいとは限りませんが、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が退職金などの待遇が良いでしょう。看護師が足りていないという病院も少ないことはないので、再度務めることはけっこうなことです。しかし、あまりブランクが長いとちょっと心配ですよね。そういう時は、転職をネットで紹介するところを上手に利用して相談にのってもらえるような組織を用いるのがいいでしょう。看護師が派遣で仕事をする場合には、良い点や悪い点が存在します。はじめにメリットとしてはそれほど長期にわたって働く必要がなく、都合や条件に合わせて別の職場に自由に変われることです。悪い部分は、昇給やボーナスがないので、比較的、長期間の勤務には適さないということでしょう。看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間労働があるという事があります。医療機関では夜中でも患者さんの病気の状態が急変する事もありがちです。急変した容態に対処するためにナースには夜中の勤務があるのです。しかるに、看護師にとって夜中の勤務というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が大きいと思われるのです。看護師は主に病院で働いていますが、医療行為だけしていればいいわけではないのです。看護師は病気やケガで、体に障害のある患者さんの世話に時間をとられるので、クリニックの中でことさら忙しく作業しているのです。大変な職業の割には、薄給で、精神的圧力で体を壊してしまうこともあるらしいのです。もし、看護師として勤務しながら金銭的な余裕があればと考えた場合に行う他の仕事に掛け持ちの仕事があります。仕事が休みの日を利用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増加する傾向がみられます。副業の利点は、仕事がない時間を有意義に使うことが出来て、全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。看護師というのは今でも人手不足となっているのです。この人手不足をどうにかするには、看護師の資格を持っていながら看護の仕事をしていない方に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと考えます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が悪い部分を改めていくことが大事でしょう。看護師の勤務先は病院といったところですから、勤務時間は色々あります。そのため、お休みを安定して取れないといった悩みがあります。看護師は医療機関にしてみると大事な仕事ですが、でも、働く側から見れば良いとは決して言えない就業状態が少なくありません。看護師さんは、肉体的にも厳しい業務が多いです。過労死を予防するために体調を管理したほうがいいでしょう。条件が希望に沿っていなければ別の病院への職場を変えることを考えてみてください。長期の通院を必要とする病気になれば、思いっきり仕事をすることも厳しくなります。自分の体調のことは他の誰も守ることはありません。